教室・通信

【RISUきっず】いつからがベスト?2歳7ヶ月から実際に体験した感想!幼児が算数を覚える学習タブレット

RISUきっず・算数

算数に特化したタブレット学習教材『RISUきっず』

学習は個人のレベルに合わせて進めることができ、学習内容は学年関係なく先取りして行うことができるのも特徴です。2歳はこれ!小学3年生はここまで!といった勝手な制限は無く、出来る子はどんどん先に進むことができます。

我が家では2歳7ヶ月時点でお試し導入してみました。同じく2歳~3歳あたりでRISUきっずを検討している方の参考になればと思います。

risuきっずとは

RISUキッズ_TOP

RISUきっずは年中後半~年長のお子様向けタブレット学習算数教材です。小学校1年生の算数前半内容を先取りして学習ができます。

フルーツ、お菓子、動物、乗り物など生活に身近でお子様が大好きなイラストを使った問題を一つずつ、毎日少しずつ解いていく教材になっているので、飽きることなく、視覚的にも楽しみならが学習意欲を高めることができるのが特徴です。

RISUきっず1

\RISUきっずの特徴/

  • 先取り学習
  • 12ステージありレベルにあった学習ができる
  • 親では説明が難しい問題でも分かりやすい解説
  • ゲーム・遊び感覚で進めることができる
  • 続ければ結果が出る
  • 文字や数字が読めなくても大丈夫な音声付き
  • お試しできる(当サイト限定申込みにて1週間お試し)

RISUきっずの学習を全て終えると、自動でRISU算数のStage1へ移行するようになっています。RISU算数は小学校6年生までの算数が先取り学習できる教材です。年齢や学習状況に応じて、どちらからスタートするか決めましょう。

項目 RISUきっず RISU算数
対象年齢 年中後半~年長から 小学生から
学習レベル 小学校1年生の算数前半内容 小学1年生~6年生までの算数

RISUきっずが向いている人

\RISUきっず・算数はこんな人におすすめ/

  • くもんの算数プリントが続かない
  • つきっきりで子供の学習を見ることができない
  • パパは非協力的(残念)
  • 算数を好きになってもらいたい

小学校ので嫌いな教科No.1が残念ながら算数です。逆を言うと、算数が好きで得意な子になったら、チャンスの幅が広がります。みんな嫌いで苦手ということは、活躍できるシーンが増えるということの裏返しでもあります。

プログラミングやデジタル系の分野は活況です。算数が苦手なことで活躍の場が減ってしまうのは親としては避けたいこと。小さいうちから算数に触れて得意になってもらいたいですね。

料金・支払い・契約期間

検討する時に重要なポイントです。RISUキッズは、月額にすると2,750円(税込)で使うことができます。これ以外の料金は一切掛かりません。タブレットも無料貸し出しですし、入会金や教材費なども無料です

ただし、支払いは1年間分を一括払いしないといけないのが少しネック。33,000円(税込)の一括払いです。支払ったら途中解約はできず、(返金無し)つまりは続けないといけません。ネットの情報や口コミだけでいきなり33,000円を支払うというのは勇気がいります。

おすすめは実際に一度使ってみることです。当サイトから申込みすると1週間お試しできるキャンペーンが適用されます。(クーポンコードあり)

お子さんと一緒に試してから、継続するか、辞めるかを決めるのがよいです。ちなみにちょっと違ったなという場合は、送料・保険料として登録したクレジットカードより1,800円(税込1,980円)が引かれますので完全無料のお試しというものではありません。ただ33,000円払ってしまって、結局全然使わないよりはマシです

1週間1980円で試したい方はクーポンコードを使って申し込みしてください。通常のRISUサイトから申し込みではお試しキャンペーンはありません。

料金 2,750円(税込)/月(年間分を初回に一括払い33,000円+税込)
対象年齢 年中後半~年長
入会金・教材費 無し
タブレット費 無料
契約期間 1年間
お試し期間 1週間お試し期間(当サイトからの申込み限定)

RISUきっず当サイト限定コード「alz07a」を入力で
\1週間のお試しができます/

RISUきっずの学習内容

実際に画面も見ていただきながら、どんな学習ステップで進めるのか、子供のやる気を出すためのRISUきっずの工夫ポイントの解説を交えながら学習内容をご紹介していきます。

タブレット型の教材ですので、タッチペンを使って問題を解いて回答していくという進め方です。

12のステージで体系的に学習

RISUきっず12ステージ

RISUきっずでは体系的に小学校1年生前半までの算数を先取り学習ができます。順を追ってレベルアップできるようにカリキュラムです。

ステージと学習内容はこちらです。

  1. かずをかぞえよう①(1~15までの数え方)
  2. かずをかぞえよう②(30までの数え方)
  3. かずをかぞえよう③(50までの数え方)
  4. たしざんをしよう①
  5. たしざんをしよう②
  6. ひきざんをしよう①
  7. ひきざんをしよう②
  8. おおきいのはどっち?(大小比較)
  9. くらべてみよう(大きさ・長さなどの比較)
  10. とけいをよんでみよう(アナログ・デジタル)
  11. なかまわけをしよう
  12. 最後のテスト(総復習)

東大生の先生が動画で解説

RISUきっず 東大生チューター

日本のTOP大学の生徒さんが先生です。個人個人のチューターとなり、個人の学習データをもとにメールとレッスン動画でサポートしてくれます。

東大生を売りにしているようですが、教えるプロではない・かつ学生なのでアルバイトです。いくら東大生と言えどもこの売り文句は売り文句になっていない印象でした。RISUきっずの学習内容に東大生は必要なのかと疑問…どうせなら教える・子供のやる気を引き出すプロにして欲しい。

ちなみにうちは早稲田大学の学生さんでした。あれ?東大生ではない・・・

学習進捗をメールでお知らせ

子供の学習状況を事前に登録しているメールに連絡を適宜してくれます。

こんな感じです。

RISUきっず サポートメール

 

慣れてくると自分でタブレットを付けて一人で学習もできるようになるので、親の知らないところで進んでいるかもしれません。間違えてしまったポイントを解析してアドバイスをくれたり、レッスン動画が届いていることを教えてくれたりします

ステージクリアポイントで豪華景品に交換できる

RISUきっず 景品

学習を進めるとなんと親もびっくりなプレゼントがもらえます!えっ、iPhone?あるじゃん!というのが親の第一感想です。

学習を頑張るとポイントが貰えて、貯まったら好きなものと交換できます。交換すると自宅にプレゼントが届きます。

プレゼントが欲しくて学習のやる気が出るものです。一度もらったら癖になり、また頑張って学習する好循環の仕掛け。

分かりやすいですが、勉強を頑張るとプレゼントがもらえるというのが子供にとっては1番のやる気の源泉かもしれません

評判・口コミ

我が家以外のRISUきっずを利用されている方々の口コミです。実際に契約されている方もたくさんいます。RISUきっず→RISU算数のステップがやはり良いみたいです。

RISU算数

RISU算数についてもお試しキャンペーンがありますの1週間お試しできます。RISUきっずとの違いは学習内容が小学6年生までの先取り学習ができる点と料金です。

基本料金 2,750円(税込)/月(年間分を初回に一括払い33,000円+税込)
対象年齢 小学生
入会金・教材費 無し
タブレット費 無料※解約後もタブレットは利用可能
契約期間 1年間
お試し期間 1週間お試し期間(当サイトからの申込み限定)

初回に1年分の基本料金を支払いますが、学習速度に応じて、基本料金とは別に月々ご利用料金が発生します。少しわかりにくいのですが、先取り学習したい場合は、最高で9,350円(税込)が掛かります。請求が来てからびっくりしないようにRISU算数を使う方は予め認識しておきましょう。まずはお試ししてみるのをおすすめ。

1ステージ未満/月クリア 0円( ゆっくり学習)
1.2ステージ/月クリア 1,100円(少し速いペース)
1.7~2ステージ未満/月 3,300円(学校の1.3~1.5倍速)
2~2.5ステージ未満/月 5,500円( 学校の1.5~1.9倍速)
3ステージ以上/月 9,350円(学校の2.3倍速)

RISU算数も当サイト限定コード「alz07a」を入力で
\1週間のお試しができます/

RISUきっず 2歳児が使ってみた体験談・感想

メリット・デメリット両方ありという感じです。ちょっと辛口の体験談による感想です!結論、2歳には少し早いイメージでした。工夫してもらえれば2歳でも出来そうなので少しもったいない印象。今後の改善に期待です。

  • 先取り学習できる
  • 料金はRISU算数と違い2,780円のみ
  • 個人のペースで進めることができる
  • 音声が付いているので読めなくても進められる
  • 子供の学習進捗をメールで知らせて親にアドバイスをくれる
  • 東大生が先生と謳い文句がありつつ、早稲田大学の生徒だった
  • 2歳にはタブレットの使い方が難しいかも
  • 答えを選ぶのに、小さいチェックボックスをタップしないといけない
  • 大きい絵をチェックできるようにしてほしい
  • 動画がややゆっくり
  • 使っている画像があまり可愛くない&粗い
  • タッチペンは100円ショップで売っているものと一緒

 

RISUきっず・RISU算数 解約方法

お試しキャンペーンも通常の契約も解約方法は同じです。以下のステップで解約ができます。お試しの場合も解約がなかなかできないということは無いのでハードルは低め。

STEP1:マイページにログイン

RISU_login

 

公式サイトからマイページへログインします。

STEP2:お問い合わせ連絡(解約の旨)

RISU_解約方法

マイページにログインすると右カラムの下の方に『お問い合わせフォーム』がありますのでクリック、会員専用お問い合わせファームで、お問い合わせ内容に『解約したい旨』を記載して送信します。

STEP3:RISUカスタマーサポートから連絡が入る

カスタマーサポートから返信連絡がありますので、そのメールで『中途解約・満了解約』を選択し、解約を行います。メール返信した時点で解約となります。

まとめ

現在の読み書き等の基礎能力に応じて判断が必要です。RISUきっずを始めるのはいつからが良いのか、年齢と基礎学習能力に応じて選ぶのがよいでしょう。と言っても実際に教材に触れてみないと実感や判断がつかないと思いますので、お試しキャンペーンを利用するのがおすすめです。

RISUきっず当サイト限定コード「alz07a」を入力で
\1週間のお試しができます/

 

RISU算数も当サイト限定コード「alz07a」を入力で
\1週間のお試しができます/